実際に大田区の自宅で葬式を執り行ってみた結果

祖父自身が計画した祖父の家族葬を行った

祖父自身が計画した祖父の家族葬を行った故人と遺族との有意義な時間を過ごせる家族葬家族葬は事前に親族の理解が必要

私は、3年ほど前に祖父の葬式大田区で家族葬の形で行った経験があり、10年ほど前に執り行った祖母の葬式に比べて料金的に非常に安く済ます事が出来ました。
私の家の場合には、長く病院に入院していた事から祖父自身が複数の葬儀会社から生前見積もりを貰っており、実際に亡くなった際には病衣の紹介する葬儀業者では無く祖父がセルフプロデュースしていた葬儀業者に依頼した次第です。
祖母の葬儀の際には、祖父の様に生前見積もりを貰っていなかったので病院が紹介してくれた葬儀業者に依頼しましたが、遺体を引き取る為に業者が来るまでに3時間以上かかりました。
しかし、祖父の遺体の引き取りの際には2時間と掛かっていませんが、病院から早く遺体を引き取る様にと何度も催促された事を覚えています。
私自身は、親切にして下さった病院なので悪くは考えたくありませんが、葬儀業者の紹介を断った時の担当医の顔と看護婦の矢の様な催促の背景には葬儀業者と医療機関の癒着がある様に感じられました。
祖母の葬式の際には、棺や葬具などのグレードに始まり通夜振る舞いや精進落とし料理及び返礼品の数まで嫌になるほど多くの項目を打ち合わせましたが、不思議な事に50万円を超える高額の追加料金を請求されびっくりさせられた事を覚えています。